厚生労働省認定葬祭ディレクター在籍数徳島NO1!家族葬・お葬式・
葬儀のご依頼は、安心と信頼のご葬儀『ベルベ玉鳳院』へ

「死別後のこころのケアについて」

大切な方を亡くされ、今あなたのこころは深い悲しみだけではなく、
様々な感情が嵐のように押し寄せ、混乱されているのではないでしょうか。
あるいは、大変大きなショックの中で、ご自分の感情が 麻痺している状態になっているかも知れません。大切な人の死という大きな衝撃を受けた時は、これまでに感じたことのない気持ちの変化やからだの不調が起きることがあります。

大切な人を亡くされた後に、
誰にでも起こりうる
様々なからだやこころの変化のことを、グリーフといいます。

こころの変化

  • もの悲しく、涙が出る。
  • 不安、イライラ、怒りっぽくなる、
    落ち着かないなど感情的な乱れがみられる。
  • そのことについて自分を責める。
  • 集中力や判断力が低下したり、
    簡単なことの決断ができない。
  • 物事に対して興味がわかない。
  • ひとりになりたくない。
  • 誰にも会いたくない。
  • 何もする気になれない。
  • 死について考える。
  • 周囲に霧がかかったような感じになる。
  • その時の場面を鮮明に思い出す。

からだの変化

  • 眠れない。眠りが浅く、すぐ目が覚めてしまう。
  • 恐ろしい 夢を見る。
  • 食欲がない。何を見ても食べる気がしない。
  • 胃がもたれる、キリキリ痛む。
    便秘や下痢をするなど。
  • 頭痛がする、頭の芯が重い。
  • 肩こり、手足のだるさ。息苦しい。吐気がする。
  • 心臓がドキドキする。
  • 漠然とした身体の不調が続く。
  • アルコール、薬物の摂取量が増える ・・・など。

「グリーフケアとは」

死別による悲しみのプロセスには、時期や死別体験の内容など、個別の状況による違いが大きく、決まったパターンや順番があるわけではありません。
遺された人は、複雑な感情の中で、亡くなった方との交わりを振り返りながら、自らの生を思います。
新しい生き方に導かれるまでには、様々なこころのプロセスをたどることになり、多くの場合、長く静かな時間を要します。遺された方の悲しみは、こころの痛みの大きさゆえに触れることを避けられ、癒されないままに放置されてしまうことがあります。

すると、こころの痛みが、これまで感じたことのない不安や抑うつ感、不眠や体調不良などとして体験されることもあります。
グリーフには十分なからだとこころのケアが必要です。
わかち合ってもらえる人に、話したり、遺族の方ご自身が、自分にわき起こる複雑な感情を認め、気持ちのままに嘆き悲しみ、自分なりの方法で感情を表現できることが大切です。

「当社のグリーフケアの取り組み」

グリーフの症状は、同じようなご経験をされた多くの方が経験するもので、
けっしてあなたひとりだけの特別なことではありません。

グリーフの症状は、同じようなご経験をされた多くの方が経験するもので、
けっしてあなたひとりだけの特別なことではありません。

悲しく苦しい気持ちでいっぱいかもしれませんが、どうかご自分を責めないでください。
あなたの感情は誰からも非難を受けるべきものではありません。悲しみにひたり、苦しくても、今あなたが抱いているどんな感情も大切にしてよいのです。
もし、苦しいときは、一人で抱えず誰かに話をしてみたり、相談をしてください。私たちベルべはご遺族の悲しみに寄り添い、まごころを込めて、ご葬祭やご法事をを執り行わせていただきます。少しでもご遺族の深い悲しみを和らげることができれば幸いです。

「ベルべはグリーフケア資格保持者が在籍しております」

ベルべ玉鳳院ではグリーフケア協会認定修了証を取得した従事者が在籍しております。
もし、おひとりでお悩みになられているのであれば、お話をお聞かせください。

GYOKUHOUIN 資料請求 御見積 その他お問い合わせはこちら 「いくらかかるの?」「家族葬ってなに?」「終活をはじめたい」すべてベルベにお任せください 専用フォーム お急ぎの方はお電話ください 24h 088-665-4000
GYOKUHOUIN 資料請求 御見積 その他お問い合わせ 専用フォーム
お急ぎの方 24h 088-665-4000